ウェルカムボードとぬいぐるみ

ウェルカムボードは、披露宴会場の入り口に華を添える大切なアイテムです。披露宴が始まるまでの間、入り口での待ち時間は意外と長いものです。楽しいボードは、ゲストの心を和ませ、また新郎新婦との思い出を彷彿させ、会話のきっかけにもなります。それに加え、綺麗に飾った入り口にゲストは、これから始まる披露宴への期待感を高めることでしょう。披露宴会場の入り口には、ウェルカムボードとともにぬいぐるみが飾られることが多いようです。かわいい雰囲気にゲストはほっとし、新郎新婦の新居に招かれているような暖かいアットホームな気持ちになれます。ぬいぐるみは、伝統的にくまを使うことが多いようです。くまはウェルカムベアと呼ばれ、ゲストをお迎えします。ウェルカムベアにも新郎新婦とおそろいのウェディングドレスとスーツを着せることが多いです。また、和装の結婚式では、和装のウェルカムベアもあります。その他にもキャラクターのものを飾る場合もあります。誰もが知っているキャラクターは、場を和ませてくれるだけでなく、親戚などの小さなお子様にもとても喜ばれます。また、ぬいぐるみの付いた電報のサービスもあり、当日いただいた電報をそのまま入り口に飾ることもあります。

ウェルカムボードにメッセージを書いて集客

店舗の前にウェルカムボードを設置して、通行する人へメッセージを書いて、集客を図るという宣伝方法は非常に効果的です。店舗からウェルカムボードで情報を伝えることによって、中の様子がおぼろげながらわかりますし、どういうサービスを行なっているのか、とういう店側のスタンスがあるのか。そういったことを伝えることができます。顧客側として、入るまえに最低限知りたい情報が手に入り、警戒心が取り除かれるからです。どうしても、情報がないと、初めての顧客は中の様子が全くわからないので、踏み込むための勇気が出ません。また、サービス内容がわからなければ、求めているものと違うかもしれないと思って、あきらめてしまいます。さらには、ウェルカムボードに手書きで、店舗の担当者の言葉が書いてあると、より効果的です。多くの人は、字からから人となりを、想像します。丁寧に書かれたメッセージであれば、その担当者の人柄が伝わり、入ってみたくなります。強く意識をしていなくても、なんとなくメッセージに惹かれて、ふらっと入ってしまうというのは、この効果が大きなところです。ぜひこういった販促ツールを使って、集客を試みてください。効果の違いを実感できるはずです。