ウェルカムボードにおすすめのメッセージ

私は、結婚相談所で知り合った人と結婚する事になりました。そこで披露宴会場の入り口に飾る、ウェルカムボードについて話します。披露宴会場を知らせるとともにゲストのみなさんへの感謝の気持ちを表すアイテムです。ウェルカムボードには通常、新郎新婦の名前と披露宴の行われる日にちが入ります。それ以外にもゲストのみなさんへのメッセージを入れることが一般的です。シックな雰囲気の会場の場合やおしゃれな雰囲気に仕上げたい場合は、英語でのメッセージがお勧めです。「welcometoourweddindparty」のように歓迎の気持ちを記すのもよいですし、もっと短く「thankyou」でもよいでしょう。よりこだわりたい場合は、「withloveandhappiness」「lovealwaysasever」のような言い回しを使うと洗練された雰囲気に仕上がります。和装の場合や、より親しみやすい雰囲気にしたい場合は日本語のメッセージがおすすめです。歓迎の気持ちを込めて「来てくれてありがとう」でもよいですし、広い意味で日頃の感謝を述べて「いつもありがとう」とするのもよいです。和の雰囲気の会場では、一言「寿」と記すのも格式のある雰囲気に仕上がります。また二人の名前を頭文字にしたポエムを書くのも人気があります。

ウェルカムボードのメッセージで列席者に心を伝えよう

結婚披露宴の会場で、まず列席者は受付を済ませます。そして披露宴が始まるまでの間、ウェルカムドリンクを飲んだり、友人たちと話をしながら開場を待ちます。この時、新郎新婦が用意したウェルカムボードや思い出の品を目にすることになります。新郎新婦をよく知らない列席者が、新郎新婦の人柄がわかる物を初めて目にする機会です。ただ単に自分たちの好みやデザインの良さだけで選ぶのではなく、新郎新婦の人となりを列席者の人達にわかってもらえるような物を揃えておけば、より一層披露宴が引き立つことでしょう。その中でも、ウェルカムボードは一番目を引きやすく、新郎新婦の結婚式や披露宴に対する思い入れを伝えられるアイテムです。どのような気持ちで列席者を迎え、結婚式や披露宴に臨むのかを託せるものです。とはいえ、絵やモチーフだけではなかなか相手には伝わりません。やはり、文字にすることが一番わかりやすいでしょう。そこでメッセージ入りのウェルカムボードが有効なのですが、そのメッセージも文字をデザイン化したような短いものではなく、多少の文章になっても新郎新婦の気持ちが込められた、自分たちの言葉で書かれたものがいいでしょう。列席者はちょっとしたところにも目を止め、新郎新婦の心意気を感じるものです。ぜひ会場へ入る前から、心を伝えてほしいものです。